飼い方の悩みを解決!

犬のカーミングシグナルって何?簡単に説明しちゃいます!

2019年07月10日(水)

犬のしつけや飼い方をみていると、よく「カーミングシグナル」という言葉を聞くことがありませんか?

お兄ちゃん

「カーミングシグナル?」

「はぁ?何のこと?」

今回はそんな方のために、「カーミングシグナル」について、簡単にまとめてみました。この記事を読めば、「カーミングシグナル」とは何か、「カーミングシグナル」にはどのようなものがあって、どういう意味があるのかがわかります。参考にしてみてくださいね。

 

犬のカーミングシグナルとは、簡単に言うと、犬が出す「ストレスサイン」のこと

カーミングシグナルを、簡単に説明しますね。カーミングシグナルとは、

「犬がストレスを感じたときに出すサイン」

のことです。

ご存じの通り、犬は言葉をしゃべることができませんね。

では、犬は自分の意思をどうやって相手に伝えているのでしょうか?

 

犬は「ボディランゲージ」を使って自分の意思を伝えています!

犬は、自分の意思を伝えるために、ボディランゲージを使って相手にメッセージを出しています。「自分の意思を伝えるために体を使って表現する」ということですね。

その中でも、犬が「不安、緊張、興奮したりしているときに見せる行動やしぐさ」、それを「カーミングシグナル」といいます。「カーム」とは、落ち着かせる、静めるなどを意味しています。

犬が出す、カーミングシグナルには、

「自分の気持ちを落ち着かせる」

「相手の気持ちを落ち着かせる」

「相手に敵意がないことを示す」

などの目的があります。「自分の気持ち」だけでなく、「相手の気持ち」を落ち着かせるために、自分の意思を表現して伝えているということです。

 

犬のカーミングシグナルを紹介します

では、「カーミングシグナル」にはどのようなものがあるのでしょうか?

犬が発するカーミングシグナルには30個くらいの種類があるといわれています。ここでは、一部のカーミングシグナルの種類と、その意味をご紹介します。参考にしてみてください。

仰向けになる

犬がおなかを出して仰向けになるのは、よく見る光景ですね。相手に弱点であるおなかを見せることで相手に敵意がないことを伝えています。

体や耳の後ろをかく

おすわりをした体制で、後ろ足をつかって緊や耳の後ろをかく行動です。緊張やストレスを感じて、それを和らげようとするときにする行動です。

目をそらす

争いを避けるために、相手と関わる気持ちがない事を表しています。飼い主さんに叱られているときにも、目をそらすことがよくありますね。

目を細める、まばたき

目を細めたり、まばたきをしたりすることで相手と視線を合わせず、相手に対して敵 意がないことを伝えています。ストレスを感じているときにも、目を細めたりまばたきをしたりします。

自分の鼻をなめる

緊張や不安でストレスを感じています。自分の鼻をペロペロなめたりして、自分の気持ちを落ち着かせようとしています。

あくびをする

あくびをするのはストレスや不安を感じているサインです。自分があくびをしているところを「相手にみせる」ことで、相手の気持ちを落ち着かせようとしています。飼い主さんに叱られているときに、あくびをする犬もいますね。それは、飼い主さんにあくびを見せて、「落ち着いて!もう怒るのはやめてよ・・・」っていう気持ちを伝えています。

座る、伏せる

緊張したときなどに、自分の気持ちを落ち着かせるための行動です。

地面のにおいを嗅ぐ

初めての場所に来たときなどによくみられる行動ですね。地面のにおいを嗅いで、自分の気持ちを落ち着かせようとしています。

 

愛犬のカーミングシグナル!ストレスサインを見逃さないでください!

犬は人間とは違って、言葉でコミュニケーションをとることはできません。

あなたの愛犬は「カーミングシグナル」を使って、あなたにメッセージを送っています。

愛犬の発するストレスサインを見逃さないようにしてください。愛犬の普段の様子を観察して、愛犬が発するメッセージをしっかりと受け止めて、愛犬のストレスを軽減してあげましょう。

↓↓↓ こちらの記事もおすすめです! ↓↓↓

犬が「嫌がっているサイン」を見逃さないで!こんなしぐさや行動には要注意!

↓↓↓ カテゴリ一覧はこちらをクリック! ↓↓↓

カテゴリ一覧へGO!

-飼い方の悩みを解決!

Copyright© 初めてのトイプードル ノエルの買い物日記 , 2020 All Rights Reserved.