おすすめアイテム

犬のフィラリア予防薬はおやつタイプがおすすめ!

2019年06月07日(金)

今年も蚊の季節がやってきました。

我が家でも、つるすタイプの虫よけと、シュッと1回スプレーするだけの虫よけが必需品です。

あまり外に出ない室内犬でも、フィラリアに感染するかもしれないので、しっかり予防しましょう。

愛犬の病気予防対策は飼い主さんの責任です。

フィラリア予防には、さまざまな薬があるのですが、おすすめは、フィラリア、ノミ、マダニ、お腹の寄生虫すべてに対応した、おやつタイプのお薬です。

犬のフィラリア予防をしましょう

ということで、昨日、今年2回目のフィラリア予防薬を取りに、かかりつけの動物病院へ行ってきました。

いろいろ気になったので、フィラリアと予防薬について簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

犬のフィラリアとは

犬が蚊に刺されることで、フィラリア虫が心臓と肺動脈に寄生して起こる心臓病です。

フィラリアに感染した犬に、予防薬を投与すると、ショックを起こして、最悪の場合、死亡してしまう場合があるそうです。

 

ノエちんの場合は、月に1回かかりつけの先生に診察をしてもらってから、フィラリア予防薬を処方してもらっています。

受診のついでに、からだのチェックと体重測定もしてもらっています。

今回の体重測定は、5.5キロでした。デカプーです。

 

犬のフィラリア予防の時期は

蚊が活動しだすよりも前から、活動が終わったあと1か月くらいだと言われています。

ノエちんかかりつけの先生は、4月後半から12月くらいまでは投薬したほうが良いと言っていました。

でも、温暖化がすすんできて、冬場も蚊が活動するようになると、一年中予防が必要になっちゃいそうですね。

 

犬のフィラリア予防の方法

フィラリア予防方法は、大きく分けると、次のように分けられます。

  • 錠剤タイプ
  • おやつタイプ(月1回)
  • 注射タイプ(年1回)
  • 滴下タイプ

手間と金額との関係で、お好みの方法を選んでみてください。

ノエちんの場合、かかりつけの先生と相談して、おやつタイプにしました。

金額は、月1回で、2000円くらいです。

金額は体重によって投与量が変わるので、大きいワンちゃんだと高くなります。

動物病院の先生によって違うと思いますが、数か月分まとめてもらったりすると割引があったりする病院もあるそうですよ。

 

ノミ・マダニの予防

ダニから犬に感染する怖い病気があります。

ダニ媒介性疾患・バベシア症とは

マダニから犬に移る恐ろしい病気で、貧血をおこし死亡することもあります。特効薬はありません。

 

マダニって、最近よく聞くあのマダニですね。

人間もマダニに噛まれると、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)を発症するかもしれません。

怖いですね。

犬と一緒に室内で生活していますので、しっかりと予防したほうがよさそうです。

 

フィラリア予防薬によっては

  • フィラリア
  • ノミ
  • マダニ
  • お腹の寄生虫

の全てに効くタイプの薬があります。

かかりつけ動物病院の先生と相談して、決めましょう。

 

気になったので、ノエちんが飲んでいるお薬を見てみました。

 

ノエちんが飲んでいるお薬

おやつタイプで与えやすい。

食物アレルギーにも配慮している。

1錠だけでバッチリ予防

  • フィラリア  〇
  • ノミ     〇
  • マダニ    〇
  • お腹の寄生虫 〇

全てに対応した薬ですね。安心です!

おやつだよ~って、ノエちんにあげると、喜んで食べてくれました!

月に1回しかあげられない、1粒2000円の、特別なおやつです。

 

さいごに

フィラリアはとっても怖い病気です。

大切な愛犬の命を守ってあげられるのは、飼い主さんだけです。

信頼できる、かかりつけの動物病院の先生と相談して、

今年もしっかりと予防しましょう!

↓↓↓ おすすめ記事が満載!カテゴリ一覧はこちらから ↓↓↓

カテゴリ一覧へGO!

-おすすめアイテム
-

Copyright© 初めてのトイプードル ノエルの買い物日記 , 2020 All Rights Reserved.