飼い方の悩みを解決!

愛犬のしぐさ!背を向けて座る。それは信頼関係の証です!

2019年06月27日(木)

愛犬が飼い主さんに背を向けてお尻をくっつけて座る。そのような愛犬の姿ってよく見る光景ですよね。愛犬がぴったり引っ付いてくるのってとっても嬉しいことですが、背を向けてをお尻をくっつけて座るのは何か意味があるのでしょうか?そのような愛犬のぴったりとくっついてくる行動、実は、飼い主さんが愛犬に信頼されている証だったんです。

 

仲間同士くっつくと安心

愛犬がそばに来てくっつく行動、それは、昔からの犬の習性が関係しています。犬は群れで暮らしていたころ、仲間同士で身を寄せ合って暮らしていました。仲間同士でくっついていると、安心するんですね。その名残で、現在でも信頼する相手のそばにくっついてくるのです。飼い主さんのそばにくっついているととっても安心なんです。

 

相手を信頼してるから背中をみせる

犬は、信頼していない相手に自分の背中はみせません!つまり、飼い主さんのそばにくっついてきて、背中を見せてお尻を引っ付ける行動は、飼い主さんをとっても信頼しているからできる行動なのです。愛犬にとって飼い主さんが、安心して背中を見せられる存在ということです。飼い主さんを信頼している証ですね。そんな時、愛犬は背中を向けてお尻をひっつけて、飼い主さんのそばでとってもリラックスしているはずです。

 

愛犬のこんな行動も信頼関係の証です

よく飼い主さんの足元にいませんか?

愛犬が飼い主さんの足元でふせをしている光景ってよくみませんか?こんな愛犬の行動も飼い主さんを信頼しているからできる行動なんです。大好きな飼い主さんのそばで、その存在を感じているために足元に寄り添っているんですね。

飼い主さんと目が合うとしっぽフリフリ

犬とのコミュニケーションにはアイコンタクトが欠かせません。愛犬と目が合った時に、しっぽをフリフリする。こんな光景も良く目にしますね。ちょっとそっけない行動にも見えますが、愛犬と飼い主さんが気兼ねなく過ごせる関係だからこそできる返事みたいなものです。愛犬が飼い主さんのことを見てきたら、しっかりとアイコンタクトをしてあげましょう。そうすることで、愛犬との信頼関係をより強くすることができます。

逆に、目が合った時に愛犬がしっぽを振ってくれないときは、飼い主さんとの信頼関係が崩れていたり、愛犬の調子が悪かったり、何かの理由で気力が衰えたりしている可能性があります。もし、飼い主さんとの信頼関係が崩れているのが原因であれば、すぐに信頼関係を築きなおすことをおすすめします。

飼い主さんの腕や足にあごを乗せる

犬が人の体にあごや顔を乗せるのは甘えようとするしぐさです。あごを乗せる姿はとっても無防備な状態です。つまり、飼い主さんのことを信頼しているからこそできる行動なのです。もし、愛犬があごを乗せた姿勢で眠っている場合は、相手を信頼してとってもリラックスしている証拠ですね。

 

さいごに

愛犬が飼い主さんのそばで寄り添って背中を向けて寝ている姿。とってもかわいいですよね。そのような、愛犬が普段見せる何気ない行動にも、ちゃんと意味があります。愛犬が発しているサインを見逃さないように読み取ってあげましょう。そして、愛犬の見せるしぐさや行動から、愛犬との信頼関係を読み解いてみましょう。愛犬との間の信頼関係に変化がないことがわかると、ちょっと安心しますね。もし万が一、信頼関係に問題がある可能性があるならば、すぐに愛犬との関係を見直すことをおすすめします。

↓↓↓ おすすめ記事が満載!カテゴリ一覧はこちらをクリック! ↓↓↓

カテゴリ一覧へGO!

-飼い方の悩みを解決!

Copyright© 初めてのトイプードル ノエルの買い物日記 , 2020 All Rights Reserved.