しつけの基本 飼い方の悩みを解決!

トイプードルの毛玉のほぐし方をご紹介!放っておくと皮膚病の原因になりますよ!

2019年09月10日(火)

 

あなたは愛犬トイプードルのブラッシングを定期的にやってあげていますか?

最近やってあげてないなぁ・・・

というあなた、今すぐ愛犬の毛の状態をチェックしてあげることをすすめします

 

トイプードルの特徴、それは、ふわふわの毛ですね。トイプードルの毛は伸び続けますので、定期的にカットなどのお手入れが必要になってきます。

そして、トイプードルの毛はふわふわなカール状で柔らかいので、毛玉が出来やすい特徴があるのです。

 

あまりお手入れをしてあげない状態が続くと、トイプードルの毛はすぐに毛玉になってしまいます。

出来てしまった毛玉、そのまま放っておくと皮膚病の原因になってしまいますので、出来てしまった毛玉を取り除いてあげる必要があります。

 

ということで、今回は、トイプードルの毛玉のほぐし方をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

トイプードルに毛玉ができる理由は?

トイプードルの毛玉の原因は、主に次のようなことが原因になっています。

  • ブラッシング不足
  • 汚れの付着
  • 濡れた毛を放置

毛玉ができてしまうと、取り除くのは大変です。なので、毛玉が出来ないようにするためにも、普段のブラッシングなどのお手入れがとっても大切になります。

 

では、できてしまった毛玉が愛犬にどんな悪影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

 

トイプードルの毛玉は皮膚病の原因になります!

毛玉が出来ると、毛玉の部分に汚れが溜まりやすくなります。

毛玉の部分は毛が密集してしまうので、通気性が悪くなります。

汚れが溜まり、通気性が悪くなり蒸れると、そこには細菌が発生してしまいます。

さらに、毛玉は毛が絡まっているので、周囲の毛をさらに巻き込み周辺の皮膚を引っ張って刺激します。当然愛犬は皮膚が気になってなめ続けてしまいます。すると、皮膚がただれてしまい、最悪の場合は皮膚病へとつながってしまうのです。

最悪の皮膚病になってしまうまえに、毛玉に気付いたときにケアしてあげることが大切ですね。

 

トイプードルの毛玉ができやすい場所は?

普段のカットの長さにもよりますが、毛玉ができやすい場所は毛が長い部位になります。その中でも、耳の付け根や足先、脇の下、内股などが毛玉ができやすいので注意が必要です。

に、愛犬が掻く部位や毛がこすれて摩擦が起きやすい部位です。

出来た時は小さい毛玉でも、放っておくとどんどん大きく成長していきます。大きくなってしまった毛玉はほぐすのが難しくなってきますので、注意してください。

 

トイプードルの毛玉のほぐし方をご紹介します。

トイプードルの毛玉を防止するには、ブラッシングが一番の対策になります。普段から定期的にブラッシングをしてあげましょう。

 

ブラッシングに慣れさせる

ブラッシングが苦手な子は多いですね。そんな時は、ブラッシングをする前に、体全体を触っても嫌がらないようにトレーニングすることから始めましょう。普段からマッサージを兼ねて愛犬とスキンシップをとって、信頼関係を築くことをおすすめします。

↓↓↓ おすすめの記事(別タグで開きます) ↓↓↓

トイプードルのしつけ!リラックスポジションで問題行動を改善しよう!

トイプードルを癒す!犬のマッサージのやり方を覚えて絆を深めましょう!

 

トイプードルのブラッシングはスリッカーブラシで!

トイープードルのブラッシングには、「スリッカーブラシ」を使います。スリッカーブラシには、金属製のピンがたくさんついていますので、力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまいます。力を入れずに優しくブラッシングするように注意しましょう。

毛玉が小さいうちは、スリッカーブラシを使うときれいにほぐすことができます。

 

トイプードルのブラッシングにはブラッシングスプレーがおすすめ!

ブラッシングスプレーにはオイル成分が配合されていますので、毛玉が取れやすくなる効果があります。また、保湿効果もあるので、きれいなふわふわな仕上がりにすることができるので、おすすめです!

 

大きくなった毛玉はすきバサミやバリカンで取り除く!

もし、スリッカーブラシでほぐすことができないような、大きな毛玉ができてしまった時は、すきバサミを使いましょう。

すきバサミで毛を細かくしてあげると、スリッカーブラシで毛玉を取り除くことができます。

また、毛の根元まで硬くなってしまった毛玉には、バリカンを使って、毛をすべて取り除いてあげましょう。自分でできないときは、トリミングサロンでトリマーさんに相談することをおすすめします。

毛玉を取り除いた後は、皮膚の状態を必ず確認してあげましょう。皮膚が赤くなって湿疹ができていたり、ただれている場合は、すぐに動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は、トイプードルの毛玉についてご紹介してきました。

トイプードルは、定期的なトリミングが必要な犬種です。毛玉ができないように普段からブラッシングをして上げてください。

何よりも毛玉が大きくなる前に、普段からお手入れを心がけることが大切ですよ。

↓↓↓ おすすめの記事 ↓↓↓

トイプードル人気のカット3種類をご紹介!愛犬にぴったりのカットを見つけましょう!

トイプードルのトリミング!夏におすすめ短めスタイルをご紹介します。

トイプードルのしつけ!リラックスポジションで問題行動を改善しよう!

トイプードルを癒す!犬のマッサージのやり方を覚えて絆を深めましょう!

「犬の飼い方」普段から愛犬の状態を確認!体のチェック項目をご紹介します。

-しつけの基本, 飼い方の悩みを解決!
-, ,

Copyright© 初めてのトイプードル ノエルの買い物日記 , 2020 All Rights Reserved.