しつけの基本 しつけの悩みを解決! 飼い方の悩みを解決!

愛犬の健康を守るため、混合ワクチンを忘れずに接種しましょう!

2020年07月09日(木)

みなさんこんにちは。

突然ですがあなたにお聞きします。

 

愛犬に混合ワクチンは接種していますか?

 

最近では、犬の生活環境も昔とは比べものにならない位よくなりましたね。犬の平均寿命もだんだん延びてきて、15歳を超えることも珍しくありません。

犬の平均寿命の延びには、動物医療やペットフードの進歩などの要因もありますが、なんといっても、飼い主さんの予防医療の実践も背景にあります。

ひとりひとりの飼い主さんの予防医療の実践が、ウイルス性疾患発生率の低下に繋がっているのです。

このように、ウイルス性疾患の発生率が低下している現在では、

 

「任意ワクチン接種は必要ないんじゃない?」

 

という声が聞こえてくることもあります。

しかし、残念ですが、ワクチン接種をしなかったためにウイルス性疾患に感染して命を落とす愛犬も確実に存在していることを忘れてはいけません。

ということで今回は

「愛犬の混合ワクチン接種」

についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。もし、愛犬の混合ワクチン接種が「まだ」というあなたは、任意ワクチン接種をオススメします。

 

ワクチンとは?簡単に説明すると・・・

愛犬が持つ「病原体に対する免疫力」のしくみを利用して、感染病に対する免疫をあらかじめつくっておく注射が「ワクチン接種」です。

ワクチンの種類にもよりますが、毒性を弱めた病原体などをあらかじめ体内に注射し、その病原体に対する抗体をつくり、愛犬の体内に免疫反応の記憶を残します。

ワクチンを接種して免疫反応の記憶を残すことで、本当の病原体が侵入してきた時に「この病原体は防がないといけない」という防御反応が働き、発症予防や症状軽減が期待できるのです。

混合ワクチン接種の対象感染症は「致死率の高いもの」が多い!

ワクチン接種の対象となる感染症には、

「致死率の高い感染症」

が多いといわれています。つまり、「発症すると救命することが難しい」ので、ワクチン接種をしておくことが推奨されています。

 

混合ワクチン接種は「任意」ですが・・・

混合ワクチン接種は狂犬病予防接種とは異なり、任意の予防接種です。

接種しないことによる法律上の罰則はありません。

しかし、前述のように、接種することで致死率の高い感染症に対して、発症予防や症状軽減が期待することができます。

やはり、飼い主さんの責任で混合ワクチンを接種しておくことがオススメです。

 

混合ワクチン接種で予防できる病気は?

混合ワクチンには、予防できる複数の感染症が含まれ、その数により5~11種の混合ワクチンがあります。

数字が大きくなるごとに予防できる種類が増えます。

 

混合ワクチンで予防できる感染症

  1. ジステンバーウイルス感染症
  2. アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
  3. アデノウイルスⅡ型感染症(犬伝染性咽頭気管炎)
  4. パラインフルエンザ感染症
  5. パルボウイルス感染症
  6. コロナウイルス感染症
  7. レプトスピラ感染症コペンハーゲニー型(イクテロヘモラジー/黄疸出血型)
  8. レプトスピラ感染症カニコーラ型
  9. レプトスピラ感染症へプドマディス型
  10. レプトスピラ感染症オータムナリス型
  11. レプトスピラ感染症オーストラリス型

混合ワクチン接種は「年に1回」が望ましい

子犬の頃のワクチン接種終了後は、年に1回の追加接種が推奨されています。

病気などの理由で、任意ワクチン接種ができない場合を除いて、安心のためには年に1回の任意ワクチン接種が望ましいといえます。

(最近では3年に1回でよいとの情報もありますが、かかりつけ動物病院の先生と相談することをオススメします)

 

ペットホテルやトリミングサロンなどの施設利用で「任意ワクチン接種証明書」が必要になることも!

あくまでワクチンの接種は「任意」です。

しかし、ペットホテルやトリミングサロンなどの施設を利用する場合、

「1年以内の任意ワクチン接種証明書」

の提示が求められることが多いです。

ペットホテルやトリミングサロンを利用したいのに、任意ワクチンを接種しておらず利用を断られてしまった・・・

なんてことを防ぐためにも、年1回の任意ワクチン接種をオススメします。

さいごに

いかがでしたか?

今回は、「愛犬の任意ワクチン接種」についてご紹介してきました。

愛犬の健康を守るためにも、危険な感染症から守るためにも、任意ワクチン接種は大切なものです。

 

愛犬の健康を守れるのは飼い主であるあなただけ。

 

あくまでも接種は任意ではありますが、しっかりと任意ワクチンを接種して愛犬の健康を守ってあげましょう!

 

↓↓↓ あなたにオススメの記事はコチラ ↓↓↓

犬の予防接種は毎年するの?ワクチンの気になる種類と料金を知って愛犬を病気から守りましょう!

犬がペロペロなめるのは飼い主に喜んでもらうため?喜んでもらうためにやっている行動を4つご紹介します!

愛犬との避難!災害発生時の準備は万全ですか?災害から愛犬を守りましょう

愛犬が亡くなったら?ペットの火葬についてご紹介します!

-しつけの基本, しつけの悩みを解決!, 飼い方の悩みを解決!
-

Copyright© 初めてのトイプードル ノエルの買い物日記 , 2020 All Rights Reserved.